×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

河合夕子作品の復刻実現に向けて

河合夕子慕情exotica

 「河合夕子慕情exotica」は、EPIC・ソニー時代(1981-1983)の河合夕子作品を再評価するサイトです。

河合夕子作品のCD復刻実現にご協力ありがとうございました!

河合夕子さんがEPIC・ソニー時代に残した商品化済みの全音源は、Sony Music Shop・ オーダーメイドファクトリーの廃盤再プレス対象商品となり、2009年7月6日をもって全曲CD化が実現しました。
サイト開設以来、多大なご支援をいただき、心より感謝申し上げます。どうもありがとうございました。

復刻CD3タイトル、Sony Music ShopのOMFでケイゾク販売中!

Sony Music Shop・オーダーメイドファクトリーでは、2010年6月2日から8月11日まで、河合夕子さんの復刻CD3タイトルのアンコールプレス予約受付が行われ、販売は終了していましたが、2014年現在、ケイゾク販売が行われています。詳しくはオーダーメイドファクトリーの商品ページ(「リトル・トウキョウ」「フジヤマ・パラダイス」「不眠症候群」)をご確認ください!

*下記はサイト開設時の2007年、オーダーメイドファクトリーの候補に挙がる前にアップした内容です。あらかじめご了承の上お読みください。

復刻を取り巻く状況

kawailtcd.jpg河合夕子のEPIC・ソニー時代の音源は、これまでにアルバム2枚がCD化されています(オムニバスでの単独曲CD化を除く)。まずはソニーから世界で初めてCDソフトが発売された1982年。第2回リリースとなる11月に「フジヤマ・パラダイス」が発売。EPIC・ソニー5枚目のCDソフトでした。そしてQ盤ブームが押し寄せた1992年に復刻された「リトル・トウキョウ」。これは、EPIC・ソニーの名盤復刻シリーズ“BEAT FILE”の1枚としてのリリースでした。

しかし、これらはいずれもさほどのセールス実績は残せず、すぐ廃盤に。そのせいもあってか中古市場では驚くべきプレミア価格で取引されるレア盤として知られています。

このようにコアなファンの中では根強く高い評価を得ているものの、一般的セールスにはつながならいマニアックなアーティストという印象が強く、一般発売にこぎつけられないというのが現状と言えるでしょう。

fujicd.jpgしかし、新譜が売れないというCD市場を背景に、近年の旧譜再発、復刻ブームの勢いはとどまることを知りません。邦楽だけをとっても、各メーカーがこぞってリリース合戦を続け、70〜80年代を中心にロック、ポップス、フォーク&ニューミュージック、アイドル、歌謡曲まで、幅広いジャンルの旧譜が再発、復刻されています。中には、現役時代にはまったく評価されなかったアーティストの作品も見られます。

ということは、確実な勝算があれば、メーカーサイドも復刻に乗り出すはずです。復刻を熱望し、購入意志を示しながらメーカーサイドへ訴える。この当たり前のアクションが、夢を実現する一歩になるのではないかと考えます。



レコード会社へアプローチ

では、具体的にどのような行動を起こせばいいのでしょうか。

河合夕子のEPIC・ソニー時代の音源は、現在、原盤制作を担当し権利を有するホリプロと発売元であるソニーミュージックが有していると思われます。本サイトでは、CD制作および発売を行っているソニーミュージックへのリクエストを通じ、復刻を働きかけることができればと考えています。

現在、その担当セクションはソニーミュージック・ダイレクトとなっており、アプローチ先としては、市販商品をリリースする「GT」レーベルと、リクエストに応じて廃盤復刻商品をネット販売する「オーダーメイドファクトリー」の2つが挙げられます。

sonymusic.jpgソニーミュージック本社復刻商品に関心のある皆さんは既にご存じだと思いますが、ここであらためて紹介します。

なお、本サイトでは、皆さんからの声を集約し、まとめてアプローチすることも考えています。ぜひ情報掲示板または管理人のTAKANAKAまでご意見をお寄せください。

ソニーミュージックの廃盤復刻企画
オーダーメイドファクトリー

ソニーミュージックが運営するネット企画。廃盤となり入手困難なタイトルを、ユーザーからのリクエストによって、ネットで受注し復刻販売するサイトです。ソニーミュージック直営のネットショップ「Sony Music Shop」内に立ち上がっています。

対象となるのは、原則として過去にソニー系のレーベルからリリースされたタイトルですので、河合夕子作品も可能性があります。過去には、南沙織、久保田早紀、フォーリーブスらビッグアーティストのアルバムのほか、浜田朱里、三田寛子、横田早苗、藤原理恵といった現役時代にはセールスが今ひとつだったアイドル勢の作品も復刻が実現しています。

ただし、手順は少し複雑で、まず復刻候補段階の1stステージをクリアして初めて予約が開始され、続く2ndステージで規定数以上の予約を受け付けて復刻が成立するというシステムになっています。

また、企画の都合上、帯がないなど必要最小限の復刻で一部のユーザーからは不評の声も聞かれます。しかし、多くのファンにとっては、一般発売には踏み切れないタイトルがメーカー純正のCDとして聴けるだけでも喜ばしいことに間違いありません。

「オーダーメイドファクトリー」では、メールによる復刻タイトルリクエストも受け付けていますので、まずは復刻候補に挙がるよう、ぜひリクエストをお願いします。

ソニーミュージックの旧譜再発レーベル
GT music

現在、河合夕子さんのEPIC・ソニー時代の音源を有するソニーミュージックでの担当部署は、ソニーミュージック・ダイレクトのGTミュージックです。

このレーベルはソニーミュージックの旧譜を扱うセクションで、アイドルからニューミュージック、シティポップスまで、ベスト盤のみならず、CDボックスや紙ジャケット復刻CDなどが続々一般発売されています。

EPIC・ソニーに在籍していたアーティストでは、近年、ばんばひろふみ、一風堂などのオリジナルアルバムが紙ジャケット復刻され、MANNA、スーザンはコンプリートベスト盤が発売となりました。

いずれも最新リマスタリングが施され、当時のオリジナル・ジャケットや歌詞カードを忠実に再現した紙ジャケット復刻、CDボックス、コンプリートベスト盤など多種多彩。オーダーメイドファクトリーは必要最小限の復刻にとどめるシンプルな企画ですので、やはりファン心理としては、充実の復刻が実現するこちらの復刻に期待したいものです。

現在では復刻リクエスト受付の窓口は設置されていないようですが、ソニーミュージックの商品用問い合わせ窓口で対応してくれるようです。

復刻スタイルについて

現在、市販される復刻CDは、ほとんどが最新リマスタリングによる高音質で、仕様や構成も凝ったものが目立っています。では、実際に復刻されるとしたら、どのような商品がいいのでしょう。

それぞれに思いはあるでしょうが、ここでは、できるだけ実現可能な形を過去の例に学びながら、河合夕子作品のCD再発、復刻のスタイルと可能性を考えてみました。

モデルケースは、ソニー系に所属していたアーティストで、近年ソニーミュージックGTレーベルから復刻された作品たち(オーダーメイドファクトリー作品は除く)。

いろんなスタイルが予想されますが、皆さんのお気に入りはどれでしょう? 以下を参考に、ぜひご検討ください。

紙ジャケット復刻

全オリジナルアルバムの紙ジャケ復刻!

オリジナル・ジャケットや歌詞カードを忠実に再現した紙ジャケット復刻。ボーナストラックとして、アルバム未収録のシングルが収録されるケースも。

河合夕子復刻の場合、3枚のアルバムと1本のカセットがそれぞれ単独でCD化され、アルバム未収録のシングル曲もプラスされることが期待できます。

 
 

モデルケース 1

■須藤薫/オリジナルアルバム・5タイトル 
sudo.jpg 
杉真理30周年の関連アーティストとして、企画されたCD再発。ソニー時代のオリジナル通算7枚のうち、1980年から84年までの5枚を紙ジャケ復刻。各ディスクに、シングル曲のほか未商品化別テイクやライブ音源などのボーナストラックを収録。
ちなみに、すべてCD選書でCD化済みのタイトルでした。
(2007.8.22発売、各2,520円、MHCL-1139〜43)
 
*河合夕子オリジナルアルバム・3タイトル復刻(ボーナストラック付き)のモデルケースにしたい事例です。
 
 

モデルケース 2

■戸川純とヤプーズ/裏玉姫 
togawa.jpg 
1984年、カセットのみで発売されたライブアルバムが、戸川純紙ジャケット復刻シリーズの一環として初CD化されました。「LPは発売されていないが、無理矢理の紙ジャケット化」とはソニーサイドの弁。
なお、オリジナルの発売元はアルファレコードでしたが、このCDは現在アルファ音源の発売窓口となっているソニーからのリリースです。
(2006. 2.22発売、2,310円、MHCL-713)
 
*河合夕子「オールナイト・ホンコン」のCD化のモデルケースにしたい事例です。
 
 
 

 

コンプリート・ベスト

全音源を収録したコンプリートベスト盤!
 

全音源をコンパクトにまとめたベスト盤。めいっぱい収録されるため、アルバム単体としての聴き方はできませんが、リーズナブルで手に取りやすい充実の仕様です。
 
河合夕子復刻の場合、既発売音源33曲(アルバム収録の30曲とシングルのみの3曲) +αの収録が基本と考えられます。
 
 

モデルケース1

■スーザン/コンプリート・スーザン
suzan.jpg 
高橋幸宏プロデュース、YMO関連復刻の一環(イエロー・マジックシリーズ)としてリリース。アルバム2枚とシングルをすべて収録したコンプリート・コレクション。アルバムは1枚が初CD化となりました。YMOのほか、大村憲司、立花ハジメ、加藤和彦、土屋昌巳ら熱心なマニアが存在するメンツが参加。スーザンのファン以外からの要望が多かった模様です。
(2005.2.23発売、2枚組・3,150円、MHCL-497)
 
*河合夕子全音源復刻のモデルケースにしたい事例です。 
 
 

モデルケース 2

■MANNA/コンプリート・エピック・イヤーズ 
manna.jpg 
CITY POP名盤復刻シリーズの一環として、夫君の所属するブレッド&バターの復刻CDと同時発売。EPIC・ソニー在籍時の全作品を網羅した2枚組コンプリート・コレクションです。
なお、MANNAの1stアルバムは、河合夕子「リトル・トウキョウ」と同じく92年のBEAT FILEシリーズでCD化済みでした。復刻までの状況は河合夕子と似ていたと言えるでしょう。
(2005.9.21発売、2枚組・3,150円、MHCL-649)
 
*河合夕子全音源復刻のモデルケースにしたい事例です。 
 

ベスト盤シリーズ

シリーズにラインナップされた、シングル・コレクション!

アルバム復刻が無理なら、シングル・コレクション的なベストに望みを。それも単独発売ではなく、メーカーのシリーズものなら実現しやすそうですし、その後の復刻につながる試金石にもなりそうです。
 
現在、ソニー系では15曲入り1,470円の「エッセンシャル・ベスト」シリーズ(レコード会社5社合同企画)がそれに当たります。ただし、ある程度の実績や知名度のあるアーティストでないと、ラインナップに加えてもらうのは難しそうです。
 
河合夕子復刻の場合、15曲にするならシングルベストの構成(実質8枚のAB面16曲から英語版の「REDS AEROBICS」を除いた15曲)が期待できます。
リカットとはいえシングルリリースの多かった河合夕子はベストを出してもおかしくないアーティストではないでしょうか。 
 
 

モデルケース

 

■バンバン+ばんばひろふみ/エッセンシャル・ベスト 
banban.jpg 
バンバンとしてCBS・ソニーに、ソロとなってEPIC・ソニーに所属していたばんばひろふみのベスト。EPIC・ソニー初の大ヒット「SACHIKO」の功績のためかアルバムの紙ジャケ復刻も実現しましたが、このベストでは代表的ヒット曲を中心に15曲を収録。
なお、このシリーズは続々発売される予定で、EPIC・ソニー系のアーティストとしては、麻生よう子(EPIC・ソニー発足前、CBS・ソニーのEPICレーベルに在籍)、内海みゆき(美幸)もリリース。
(2007.8.22発売、1,470円、MHCL-1147)
 
*河合夕子初のシングルベストのモデルケースにしたい事例です。
 

 

CDボックス

映像収録のDVDや解説ブックなどお楽しみ満載の豪華ボックス!

膨大な音源をまとめ、お宝音源やDVD、豪華ブックレットや解説などのお楽しみも付いた豪華ボックス。現在は、オリジナルアルバムの紙ジャケ復刻+ボーナスディスクのBOXが主流となっています。
 
河合夕子復刻の場合、アルバムタイトルが少ないので、全アルバム+αの音源、そして映像をまとめたDVDの収録が基本と考えられます。 
 
 

モデルケース 1

 

■一風堂/MAGIC VOX〜IPPU-DO ERA 1979-1984 
ippudo.jpg 
EPIC・ソニーに在籍し「すみれSeptember Love」のヒットで知られる一風堂。オリジナルアルバムは多くが未CD化でしたが、このBOXで一挙にCD化。ライブを含む5枚のオリジナル、土屋昌巳、見岳アキラのソロ各1枚の紙ジャケCD計7枚に、81年制作のビデオクリップなどの映像集DVDをプラスした8枚組。日本テレビ「ザ・トップテン」出演時の映像も!完全限定、即完売でアンコールプレスも行われました。
(2006.12.20発売、CD7枚+DVD1枚・¥15,000、MHCL-1021)
 
*河合夕子BOXのモデルケースにしたい事例です。全アルバム+α、そしてDVD。テレビ出演も多かった河合夕子ですから、その映像にも期待したいものです。 
 

モデルケース 2

 

■岡村靖幸/岡村ちゃん大百科 愛蔵盤・ダイジェスト盤(2種) 
okamura.jpg 
80年代後半のEPIC・ソニーを代表するアーティスト・岡村靖幸のBOX。「愛蔵盤」はオリジナルアルバム5タイトルと、未発表音源やライブなどを収録した3タイトルのCD8枚に、映像集DVD2枚の計10枚組。この壮大なスケールのお宝部分を凝縮したのが「ダイジェスト盤」。音源を2枚のCDに、映像を1枚のDVDにまとめた3枚組で5,000円を切るプライス。さらにヒストリーブックも付くという充実度。どっちも欲しくなる好企画です。
 
愛蔵盤(2005.3.16発売、CD8枚+DVD2枚・¥18,900、ESCL-2621)
ダイジェスト盤 (発売中止、CD2枚+DVD1枚・¥4,800、ESCL-3041)
 
*河合夕子の場合、アルバムタイトルが少ないので、より実現可能なダイジェスト盤の方がモデルケースにしたい事例です。前述のコンプリートベスト盤にDVDを付け、ブックレットをプラスした仕様に期待したいものです。
 

このサイトについて


*「河合夕子慕情exiotica」は河合夕子さんのファンサイトであり、ご本人および当時、現在の所属レコード会社や事務所などとは一切関係ありません。

*本サイトに掲載しているレコードジャケットなどの画像については、解説を目的に著作物から引用して使用したものです。

*本サイトはW3Cに準拠しており 、推奨ブラウザはInternet Explorer 7以上、Firefox 1.5以上、Opera 9以上、Netscape 9以上、Safari 2以上のいずれかです。それ以外で閲覧する場合は、レイアウトが簡略化され描画速度も遅くなることが確認されています。